Hotel Liabeny Madrid

カルチャーガイド

マドリードと周辺のみどころ

マドリードのコスモポリタンカルチャー

スペインの首都であり、行政や商業の中心であるマドリードは多様な意味においてヨーロッパや世界の重要な都市の一つとして機能しています。

異文化が混ざり合い、人種や世代にかかわらずどんな人々も寛容に受け入れるマドリードの街は常に世界に向けその扉を大きく開いています。

人口328万5千人(近郊地区をあわせると6百万人)の街が生み出すダイナミックな芸術文化が街中に感じられ、さらに「眠らぬ街」マドリードならではの、他の街では味わうことのできないナイトライフは見逃せません。

Hotel Liabeny Madrid
Hotel Liabeny Madrid

マドリード内でもマンサナレス川の内側、特にセントロ、サラマンカ、チャンベリ、レティーロ、アルガンズエラ各地区に観光スポットが集まります。

言わずと知れたプエルタ・デル・ソルはマドリードの、そしてこの国の起点でもあります。国中の国道はすべて、この地点を軸に距離が計算されています。

この街を短時間で知るための必須ルートとして、マドリード・デ・ロス・アウストリアス(Madrid de los Austrias、アウストリア朝→ハプスブルク家のマドリード)と名づけられたスペイン・ハプスブルグ家時代に建てられ現在も残るセントロ区内の建物を見学することのできるルートと18世紀初頭のスペインブルボン家時代に建設されたトレド門や噴水、美術館などを巡るマドリッド・デ・ブルボンと呼ばれるルートがあります。これらのルートは市内の観光バスで回ることも可能です。

また、アルカラ門やシベレスの噴水、ソルにある『クマと山桃』の銅像、マジョール広場なども是非見ておきたいスポットです。

リアベニーのカルチャーガイドをダウンロードする